『世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』書評

『世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』書評

先日社内MTGで話題にあがった著書『世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』を一読しました。

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』著者:ピョートル・フェリークス・グジバチ

読んだ上での感想などを、簡単にご説明いたします。

どんな書籍か

組織育成や人材育成に携わっている人、経営陣・マネジメントに携わっている人、特にチームの育成に課題を抱えている人にとっては、現状打破のためのヒントを得られるかもしれない一冊です。内容に関しましては、下記をご参照ください。

チームの成果を左右する最大の要因は? グーグルが明らかにしたのは「心理的安全性」という結論だった。心理的安全性とは「自分らしさを発揮しながらチームに参画できる」という実感のこと。チーム内の心理的安全性を高め、成果に結びつける方法を解説。

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』hontoより引用

言われてみれば納得するけど、正直気づきは得られていない

自分自身が管理職としての歴が浅いこともあり、正直マネージメント業務になかなか集中する時間を確保できず、仕事に翻弄されてしまっている自覚がある状態なので、なかなか本を読んでいて頭に入ってこなかったというのが正直な読後の印象。1年後、2年後に読み返すと、「なるほど…あれはそういうことだったのか…」となるのではないかと考えている次第です。

例えば、本書の中では精神的に参ってしまったメンバーをどうフォローするのか、具体的にどう声をかけて組織の力に変換していくのかなど、かなり具体的な方法が書かれていました。また著者であるピョートル氏は、数多くのマネージャーを見ており、その見てきた結果から、良いマネージャー、悪いマネージャーの傾向を見極め、特徴をかなり正確にみて捉えているように思いました。僕自身、仕事上でGoogleの方と付き合いがある以上、「あ、やっぱGoogleの人こうなんや!!」と考えさせられるシーンも多々ありました。あとは、自分が上司から形だけ教えられていたこと(例えば、なぜマイクロマネジメントは控えめにした方が良いのか?など)がかなり本書に書かれており、その点は理解を深めることができたので、とても満足することができました。

そもそも僕は現在チームでは動いておらず、あくまでもグループとして社内で動いている人間です。そのため率直に「チーム」という感覚が、いまいち理解しにくく、素直に納得できない点も多々あったのかなと思います。また本書のメインテーマでもある「心理的安全性」という概念、理解はできるものの、いまいち僕自身が受け入れられておらず、その点も、本書の理解不足の原因になったように思います。まずそもそも、「心理的安全性」は、組織運営上の必須の要素ではありません。もちろん無いよりもあったほうがいいとは思いますが、あるからといって、組織をまとめていく上でどのぐらい有効機能するのものなのか、正直一向に理解できません。例えば僕自身、会社での飲み会や遊びによって、仕事の「絆」が深まる感触は、正直全くありません。また、僕は普段インターネット広告に特化した代理店で働いていますが、当然終身雇用制を保証されている訳ではありません。(というよりも、本気で終身雇用制を今の時代に追い求めている人も少ないと思いますし、約束している企業があったとしても、その約束が必ず履行されると思い込んでいる人は、ちょっとどうかと思います)住んでいる地域や個性、文化、業種によっても差があることではないかとは思いますが、個人による差が大きく、結局良く働くためには個人個人がおのおの最適化していくのが一番なのでは無いかと今現在考え至っています。(念の為記載しておきますと、ピョートル氏はそういった人の存在、思想性を決して否定しておらず、むしろ「個性に合わせた最適なマネジメントを」と呼びかけています)

結局自分の場合は、一人で問題を抱え込むような状況に陥ったり、メンタル不調や仕事で行き詰まったら、寝るか、気分転換するか、公私で自分を支えてくれる人を確保しコミュニケーションをして解決するようにしています。そうすることがまず個々のレベルで出来なければマネジメント陣には食い込めないと思いますし、そういった術をメンバーのうちに身につけていくのも大切なことだと自分は考えています。それを教えればいいのですが、そこまで個々人の適性をみてメンバーをマネジメントしていくのは中々至難の技ですよね。(強制できることでもありませんし)

Podcastは必聴

本書のあとがきに、Podcastの記載があったので聞いてみました。

働きかたの達人

ゲストとして、参加しているPodcastもあるようで、そちらも聴いてみました。

特別ゲスト:ピョートル・フェリークス・グジバチ氏 Googleの社内教育システムに迫る! 【前編】

特別ゲスト:ピョートル・フェリークス・グジバチ氏 Googleの社内教育システムに迫る! 【中編】

特別ゲスト:ピョートル・フェリークス・グジバチ氏 Googleの社内教育システムに迫る! 【後編】

内容はとても興味深く、とくに毎回ゲストの方が自社や、日本の企業の問題点をピョートル氏に投げかけ、「でも実際はこうだよね」「アメリカや他の国と比べるともっとこうしたほうがいいのにね」といった話がかなり目から鱗です。

 書評本:『世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法』ピョートル・フェリークス・グジバチ