FOSTEX TM2 レビュー(ヘッドホン祭りに行きました)

FOSTEX TM2 レビュー(ヘッドホン祭りに行きました)

本日ヘッドホン祭りにいってきました。

久しぶりに中野サンプラザにいきました。
2022年から再開発される中野サンプラザ、この間祭りは一体どこで行われるのでしょうか。

FOSTEXのTM2が目的だったので、
TM2の視聴だけ済ませ、中野を後にしました。

マクロレンズをもっていけばよかった…。単焦点でしか撮影できず、撮影に苦戦。

朝一で伺ったため、会場設営真っ最中という感じの雰囲気の中、さっそく視聴させていただきました。

2pin、mmcx、FitEarに対応可能です。
ほぼ全てのイヤホンを完全ワイヤレス化できますね。
ありがたい。
ペアリングも片側だけプレイヤー間で行えば、自動で双方間接続されます。
ケースから取り出すと、自動で接続が開始されます。
ケースにレシーバーを装着すると、自動で電源が切れ、充電が開始されます。

触ってみた感じ

しっかり作り込まれています。重量感はありませんが、質量感はしっかりとあり、肌触りも心地よいです。手に取ったときに滑り落ちそうな不安定な感触は一切なく、今使っているものより、遥かに好みです。

音質

言及すべきかどうか悩みましたが、言及します。結論今の環境のものとさほどの差はありません。

携帯性

本体は無問題ですが、充電時に必要なケースが少し大きいなと感じました。これを常に持ち歩くのは面倒くさいと感じる人も多いかもしれません。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、結構大きいです。

お値段

27,000円前後での発売となるとのことです。同性能の廉価製品を現在使用していますが、それが現在4,000円前後、FitEarの変換コネクターが6,000円前後なので、費用諸々含めても今の環境と比べ、単純計算で倍の価格になります。

ただし、FOSTEX TM2は2PIN、FitEar、MMCXの変換が可能ですので、その点考慮すると「高すぎる」と判断するのは早計かと思います。自分の環境に合わせて、良い使い方ができるのであれば良い機材かと思います。

発売日

5月下旬を予定しているとのことです。今回は実機も実際に触る事ができましたので、再延期という可能性は低いのではないかと考えられます。

買うか、買わないか

買います。特に上記では詳しく説明しませんでしたが、感圧式でレシーバー表面をさすったりすると、ボリューム調整、倍速調整が可能とのことです。今の環境ではiPhoneで直接ボリューム調整をしなければならず、その点が少し面倒なので、そういった機能がついていると、非常にありがたいですね。

また自分は、現在使用しているレシーバー機材には正直あまり愛着が持てていません。歴が浅いというのもあるかもしれませんが、単純にフォルムも好みのものとはほど遠く、ペアリング機能に関しても不満点が多いので、正直ある程度の出費で問題解消可能であれば、そちらに費用を投下することについては、何も抵抗感はありません。(いや、できばれあと1年早く発売して欲しかったけども…)