【元・イヤホンマニアが語る】ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットについて

現在愛用しているメインでワイヤレスイヤホン。詳細後述

ワイヤレスイヤホン(Bluetooth対応)のメリットはたくさんあります。

具体的なメリット・デメリットについて

【メリットの具体例】

・満員電車や移動中に取り回しの質が向上
・満員電車内で誰かの服、荷物にケーブルが引っかからない
・かがんだ際などにケーブルが引っ張られない
・Bluetoothケーブル単体でボリューム調整可能
・iPhone7Plusを充電しながら使用可能

【デメリットの具体例(性能にも左右されるため、ただし一概には言い切れない)】

・充電切れると使えない
・日々充電しないと使えない
・有線より音質は悪い
・ケーブルにもよるが、ハイレゾ・DSD音源は途切れる

フォロワーのりほぎょ@rihogyoさんYuji Abeさん@vaio0805さんが、ワイヤレスイヤホンについてブログを書かれていたもの、読ませていただきました。下記がその記事。

私もワイヤレスイヤホンについて少しだけ発言したいと思い、この記事を書いている次第です。

私のイヤホン観について

もともと超がつくほどのイヤホンオタクでした。耳は2つしかないのに、常時5〜6個イヤホンを持ち歩いていました。当時は「取り回しの良さ???イヤホンはとにかく音質が命だろ!!!」と思っていました。当然ケーブルは有線。ワイヤレスなんて論外と考えていました。現在は厳選し、2つまで数を減らし、ワイヤレスイヤホンを主に使用して音楽を聞く生活をしています。

1つめ:Hellodigi HD20

当時定価4,000円のところ、500円引きで購入。現在は2,500円って。

自分が購入した当初(2017年4月)4,000円前後で販売されていました。現在はAmazonで2,500円前後で購入可能なようです。家の中で使う分には遮音性は申し分なく、ただし独立型ゆえ片方行方不明率は半端ないです。奇跡的に本日まで無くさずに住んでいます。

下記にて、すごくカッコいい写真で本製品を紹介しているブログの記事を見つけたので記載しておきます。興味があればぜひどうぞ。

YUTOLOG:安くてオススメのBluetoothイヤホン「Hellodigi HD20」使用レビュー

2つめ:FitEar Private222

2019.2 修理から到着後に撮影

5年ほど前にオーダーメイドで作成しました。世界で唯一自分の耳にしか合っていないイヤホンです。銀座店でまずは耳型を採集し、採集後にそれベースにイヤホンのシェル(本体)を個人にカスタマイズして作るカスタムイヤホンです。量産型のイヤホンとは完全に製造工程が違うので一概に言い切れませんが、細部へのこだわり、音質が凄まじいです。

【参照】FitEar(須山補聴器)

例えばイヤホンを耳に入れる際も、シェアがけと呼ばれる特殊なやり方で耳に入れるのですが…

シェアがけを一番わかりやすく説明しているツイートでしたので拝借。

取り外す際に耳、機材そのものにかかる負担を最小限にしつつ、素早く取り外す事を可能にするために、爪を引っ掛ける溝が用意されていたりします。

左側の欠けている部分にちょうど爪が入り込み、引っ掛けると外れる仕掛け。
中央部がその溝の部分。深さも深すぎずに最適。
イベント限定販売だった逸品。予備をもう1つ購入したい。

音質も当然とても良いです。ただし、イヤホン内のドライバーはそこまで質が良いものを使っているわけではないと思うので、おそらく内部構造(ドライバーの配置)や、フィット感、シェル(本体)の成分比・質、などの複数要素が絶妙なバランスの上で成立する事で良い音が成立していると自分は考えています。(余談ですが、色を変えると音が変わるのでカラーバリエーションを増やせないと何処かで発言されていました)

当然ケーブルも通常の付属ケーブルから、超高級ケーブルまで専用ケーブルが用意されています。自分は@hokutoumashiさんの変換コネクタを用いて、端子をMMCX化したものを、ワイヤレスイヤホン化して使用しています。

FitEarケーブルをMMCXに変換するためのもの。これで一般的なMMCXケーブルに使用できる仕様となった
あとはAmazonなどで販売されているBluetoothケーブル(MMCX端末)のものを購入し、接続すれば問題なくBluetooth対応完了。
充電中の写真。一度充電すれば5〜6時間はもつので、普段使いの使用に関してはまったく問題ない。
自分が使っているケーブルと同じものを使用されている方のブログ。

通常のイヤホンでも、着脱式であればBluetooth対応させることが可能です。ぜひ一度有線で使用されている方はワイヤレスタイプのものの購入、現在使用中のイヤホンのワイヤレス化、使用シーンによる有線との使い分けをご検討されてみては如何でしょうか。

【過去のFitEar関連記事】
須山補聴器さんに「神対応」して頂いた時の話