はじめに

地元・山梨県甲府市にある「寺崎コーヒー」のカプチーノ

ようこそ。

東京都中央区。
首都の心臓部で、5年近く広告関連のお仕事に携わらせていただいております。

これまで様々なクライアント様とお付き合いをさせて頂き、都度自然発生する広告で解決可能な諸問題に対し、最善の解決策を提案し続けてきました。

このたび新規にドメインを取得し、自分自身の趣味と実益を兼ねた記録を残そうと考え至り、ブログを立ち上げました。つまり100%自己満足のためのブログという訳です。その点ご了承いただいた上でお楽しみいただければ誠に幸いです。

独自ドメインを選んだ理由は、
・広告の出現を100%コントロールするため
・あらゆる媒体側からの制裁処置、仕様変更の影響を限りなくゼロにするため
この2点に尽きます。

画像およびテキストの著作権は、全て私個人にあります。転載、引用の際はご連絡いただければうれしいです。キュレーションメディア、まとめサイトへの引用ほか、商用利用は固くお断りしております。あらかじめご了承ください。

画像は基本的に全て自身で撮影したものを載せております。食品、書籍、映画パッケージ、腕時計などの小物、珈琲豆ひと粒に到るまで、あらゆる物への敬意を込め、イメージに沿った撮影を心がけています。また書籍の書評掲載、映画の視聴後の感想に関しまして、問題がある場合はこちらへご連絡ください。速やかに記事を削除します。

個人を判別できるくらい顔が写っている画像を、何の断りなく掲載するような行為は一切行いません。個人名・企業団体名については臨機応変に対応します。また飲食店内では、撮影が禁止されている場合を除き、店主の許可なく料理を撮影する場合がございます。掲載に問題がある場合はメールを下さい。ご対応いたします。

タイトル「せめて自分の感受性ぐらいは」は、敬愛する戦後女流詩人、茨木のり子の代表詩「自分の感受性ぐらい」を用いたものになります。彼女のように強く誇り高い家人と一緒に生活しながら、都内のワンルームマンションから情報を発信し続けていきます。

ぜひ一度書店に赴いた際に、『茨木のり子詩集(岩波文庫)』をお手にとってみてください。ひとつひとつの言葉の重みに驚かされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。